アラキドン酸の力で健康な毎日をおくってみませんか?最近なかなか頭が冴えない。
もっと判断力をハッキリさせたい。そんな時にこそ役立つアラキドン酸のサプリのガイドです。

アラキドン酸のメリット・デメリット

アラキドン酸(ARA)とは、魚、豚、牛、レバーなどに含まれる必須脂肪酸(DHC、EPA)の1つです。

昔から、DHAは、脳に良いと言われていますが、アラキドン酸も脳における「見て記憶する」、「勉強や学習をしながら考えて覚える」、「相手の話に対応していく認知応答」や「手足の感触」など、脳の機能によく働き、人間の生きる要素として良い効果が現れています。

アラキドン酸は、おもに脳の「リン脂質」に多く含まれ、細胞膜の構成成分として作られ、脳の柔軟性を高めていきます。

 

また、脳の中で合成できるのが特徴で、体内では合成できません。 健康1 しかし、リノール酸と摂取すると、アラキドン酸と合成されて、脳の伝達や手足を動かす神経、細菌に対して除去する免疫力、体内細胞の生殖などの機能を調整する働きに発揮します。

アラキドン酸は、体内にもありますが、特に脳の「海馬」(記憶を司る所)が多いようです。

海馬の中のアラキドン酸が、老化によって減り始め、「物忘れ」になるという考えがあります。

 

そして、脳にあるアラキドン酸が減る代わりに、体内にアラキドン酸が沢山あれば、物忘れを抑えることが可能性になってきました。 「物忘れ」をなるべく押さえる為の対策の1つに、脳の中で何が起こっているのかということを認識しましょう。

また、脳の中は、神経細胞同士が常に情報を送っている状態が続いているので、その状態を保つのに必要なアラキドン酸は、細胞膜を柔らかくして、脳に信号をスムースに伝え、脳の働きを活発にしてくれます。

このアラキドン酸は、植物には含まれていないので、健康にはかかせない肉、魚、卵などの食べ物から摂取するのが基本です。ところが、レバーや卵などコレステロールが多い食事を控える人が多くなり、アラキドン酸不足の人が多くなってきていると言われます。

 

アラキドン酸が脳や体をサポートし、健康で長生きできるという生きがいの1つとして、適量に摂取してみましょう。 また、身体に脳にいいからとアラギドン酸を過剰摂取すると、がん、動脈硬化、高血圧、アレルギー性湿疹などの症状を引き起こしてしまうので注意しましょう。