アラキドン酸の力で健康な毎日をおくってみませんか?最近なかなか頭が冴えない。
もっと判断力をハッキリさせたい。そんな時にこそ役立つアラキドン酸のサプリのガイドです。

アラキドン酸で健康生活!サプリの力で冴えた毎日を♪ > 未分類 > アラキドン酸が乳児の発達に必要な理由

アラキドン酸が乳児の発達に必要な理由

アラキドン酸はDHAやEPAなどと同じく必須脂肪酸の一種です。 必須脂肪酸はは身体に必要な脂肪酸です。 体内で合成することができますが、高齢者や乳幼児は合成する力が弱いです。 細胞膜を作る主な成分なので、体内の色々なところに存在しますが、特に脳の神経細胞の膜を作っている重要な成分です。 脳の、覚える、考えるといった役割を活発にする力がありますが、乳児期にはそういった思考力、記憶力を高める働きよりも、脳の神経細胞がどんどん新しく作られ広がって行くのを助ける働きが特に重要です。 アラキドン酸は脳の神経細胞を構成する成分ですので、脳の神経細胞の発達が著しい乳児期にはとても重要です。 この時期に不足してしまうと脳の発達が遅くなるとの説もあります。 免疫力を高めたりする身体の働きを整える役割もあるので、脳だけでなく、身体の発達にももちろん重要で、身体的な発育にも欠かせない成分です。 残念ながら乳児は体内で合成する力が弱く、十分な量を確保できないので、外から摂取して補う必要があります。 多くの必須脂肪酸は食事から摂取することができますが、アラキドン酸は母乳に多く含まれていますので母乳をきちんとあげることで、乳児に必要な量を与えることが出来ます。 母乳を上げる母親がアラキドン酸が多く含まれる肉や卵、魚といった食材をバランスよく摂取することが大切です。 母乳にアラキドン酸が多く含まれているのは、それが乳児の発達にとって必要だからです。 そのような理由から粉ミルクにも配合されたりしています。