アラキドン酸の力で健康な毎日をおくってみませんか?最近なかなか頭が冴えない。
もっと判断力をハッキリさせたい。そんな時にこそ役立つアラキドン酸のサプリのガイドです。

オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸の働きとは

オメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸の仲間で、サラサラとしており、常温でも固まらない成分です。

必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸(DHA、EPA)、オメガ6脂肪酸(アラキドン酸)の体内に必要な成分が、人間にとって毎日を快適に過ごすために必要な栄養素です。

 

オメガ3脂肪酸とはなんでしょうか。 EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などは、水中の植物プランクトンによって合成され、植物連鎖によって鯖、鮪、鰯、鰤などの青魚が食べて成長するため、オメガ3脂肪酸の栄養素が豊富に含まれています。

また、青魚には、たんぱく質やビタミンDといった栄養素の供給源が含まれていて、淡水魚や他の魚にも、このオメガ3脂肪酸の栄養素が含まれています。 オメガ3脂肪酸の働きはさまざまで、アレルギー抑制、炎症や血栓を抑制します。

 

また、脳の健康維持や悪玉コレステロールの低下、神経疾患の予防や骨の健康を維持すること、皮膚や体内の炎症を抑え、ガン予防になるなど期待されています。

オメガ6脂肪酸に含まれる成分は、コレステロール値を下げる効果を持つ「リノール酸」「Yリノレン酸」「アラキドン酸」があり、、摂取することでコレステロールを減らし、血流を良くして動脈硬化などの病気を防ぎます。

 

また、生活習慣病や血圧の改善に効果があります。 また、体内に溜まっているコレステロールやアレルギー体質の症状を改善させ、生活習慣病の予防に効果を発揮するアラキドン酸が含まれており、オメガ6脂肪酸は、植物油(大豆油、ゴマ油など)にも多く含まれています。 このオメガ6脂肪酸は、脂質によって違いがあり、Yリノレン酸は、身体の機能をコントロールする役割があり、多く摂取しても大丈夫です。

 

また、リノール酸は、不飽和脂肪酸の1つで、植物油に多く含まれ、適量に摂取することによって、高血圧の予防や成長の遅れや感染症を改善します。

オメガ6脂肪酸の働きは、オメガ3脂肪酸と逆な働きをするので、偏食や油の摂りすぎた食事の原因となるアレルギーや花粉症、炎症や血栓を起こしやすくしてしまいます。

そうならないために、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を上手に摂取して健康を保ちましょう。